クリアスキンクリニック那覇 official blog

2017.06.27更新

 梅雨も明け、いよいよ夏の到来を待つばかり。水着が着こなせれば嬉しいですよね。

 前回までは実際の手術法などについて紹介してまいりましたが、今回は治療の締めとしての術後ケアについて述べたいと思います。

 

術後の1週間

  術後1週間は常時、胸に包帯を巻いた状態となります。仕事をなさっている方は業務の内容によっては術後2,3日

目から勤務可能ですが、1週間はゆとりのある服装とするのが無難でしょう。また、基本的に術後1週間は傷口部分と

胸は濡らさない方が良いので入浴は避け、シャワーも頭からかぶるのは避ける必要があります。

術後5日目頃に抜糸、通常のシャワー入浴が可能となりますが、しばらくはバストバンド又はソフトブラの装着を継続します。

術後の2週間以降

 以前は、バストのカプセル拘縮現象(胸が硬くなるという症状)を押さえる為、術後2週間目頃になると、胸の強いマッサージを開始するのが通常でした。このマッサージ療法は少なくとも3ヶ月間続き、患者さんにとってかなりの痛みを伴う大変苦痛なものでした。しかし最近の新しいテクスチャードタイプのバッグは、そのものがカプセル拘縮を起こしにくい構造となっている為、現在ではほとんどこのつらい術後マッサージは不要となっております。

 術後の痛みに関しては個人差がありますが、通常は(腕立て伏せをやったあとの様な)筋肉痛の様な症状があります。2週間程度で痛みが和らぎ、ある程度の運動などが可能となります。

 術後1ヶ月ではバストシルエットもほぼ仕上がりとなり、通常のワイアブラなどの装着も可能となります。

長期的経過

 いずれにも共通している点は、バッグはそもそも人工物である為術後長年の経過で、バッグの劣化による破損が起こりうるという点です。「インプラントは一生もの」というイメージがあるかも知れませんが、経年劣化の可能性はいずれもある程度のレベルは避けられません。その為、定期的検診は継続される事をお勧めします。

 とはいえ最近では破れても中身が漏れ出にくいタイプの新しいバッグなども出てきており、これについてはまた次回解説したいと思います。

 

houkyou

 

spade 詳細はこちらへ →→→ http://www.cscnaha.com/bust/

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

 

 

glitterクリア・スキンクリニック那覇は沖縄に根ざして16年

バストアップ・豊胸術

脂肪吸引・痩身

わきが 多汗症治療

を得意としております

お気軽にご相談くださいglitter

投稿者: クリア・スキンクリニック那覇

entryの検索

月別ブログ記事一覧