二重・目もと

目力のある 自信の目元へ

目もとが気になる方へ

目、特に二重の施術は、最も人気の高いメニューの一つです。まぶたが変わればお顔の印象も大きく変化し、自信をつけていただけるきっかけにもなります。

なお、二重の施術にはいくつかの方法がございますので、ご相談の上で決めさせていただくようにしています。

QUICK埋没法 ~切らずに憧れの二重を実現!~

切らずに二重を実現

二重を作るためには、まぶたを切らないといけない。そんなイメージをお持ちの方も多いようですが、実は二重は切開なしで実現することができます。それが埋没法。

まぶたの皮膚の下に特殊な糸を通し、縫合することで二重を作ります。当然、施術後の腫れや痛みがかなり抑えられ、その後の日常生活に支障をきたすこともほとんどありません

とは言え、切らずに細かい処置をするからこそ、施術者側には高いスキルや経験が要求される方法です。
当クリニックでは、きちんと事前にシミュレーションをしてゲスト様と確認しながら納得いただけるよう進めて参ります。

このような方におすすめです

  • まぶたを切らずに二重を実現したい
  • 自然な二重にして欲しい
  • 垂れ目が気になっている
  • 仕事や学校を休まずに施術を受けたい
  • 二重だったが被さってきた
  • 目を今よりも大きく見せたい

※まぶたの状態によっては、埋没法が適さないこともあります。
※当クリニックでは、より自然に仕上がり眼球に負担をかけない「挙筋固定法」と呼ばれる術式を採用しています。

※施術の際は、眼球を保護し、さらに目隠ししますので、ご安心ください。

特に埋没法をお勧めしたい方

  • まぶたを切らずに二重を実現したい
  • 自然な二重にして欲しい
  • 垂れ目が気になっている
  • 仕事や学校を休まずに施術を受けたい
  • 二重だったが被さってきた
  • 目を今よりも大きく見せたい

※まぶたの状態によっては、埋没法が適さないこともあります。
※当クリニックでは、より自然に仕上がり眼球に負担をかけない「挙筋固定法」と呼ばれる術式を採用しています。
※施術の際は、眼球を保護し、さらに目隠ししますので、ご安心ください。

料金表

埋没法 ¥80,000(税別)~ ※片目:¥50,000(税別)

※表示は両目料金

ミニ切開法

皮下脂肪などでまぶたが腫れぼったい方へ

ミニ切開法では、上のまぶたを少しだけ(5mm程度)切開して、中を縫い合わせる方法です。場合によっては、まぶたの脂肪を除去することもあります。

施術後は2~3日腫れますが、1~2週間で引いていきます。埋没法では元に戻ってしまう方や、まぶたの下の脂肪が多い方などにはお勧めです。

施術時間 30分程度
抜糸 不要

料金表

ミニ切開法 ¥200,000(税別)~

※表示は両目料金

目頭切開

目と目の間が開いている方・平行型の二重を希望する方へ

左右の目頭の間が広い方や、平行型の二重(幅がほぼ一定の二重)をご希望される方にお勧めなのが、目頭切開です。間延びした顔の印象が改善され、西洋人のような目の印象に近づきます。

施術時間 30分~1時間程度
抜糸 1週間後

料金表

目頭切開 ¥180,000(税別)~

※表示は両目料金

二重切開法

まぶたのたるみが強い方・はっきりとした大きめの二重を希望する方へ

加齢による目のたるみが気になる方や、はっきりとした二重を実現させたい方にお勧めなのが、二重切開法です。二重を作っているラインに沿って切開し、中を糸で固定します。

施術後2〜3日は腫れが出ますが、1~2週間で引いていきます。また、ご希望の場合には同時に眼瞼下垂の治療をすることもできます。

施術時間 30分~1時間程度
抜糸 1週間後

料金表

二重切開法 ¥200,000(税別)~

※表示は両目料金

アイリフト切開法

まぶたをリフトアップし、たるみを改善 !

アイリフト切開法は、上まぶたと下まぶたのたるみを取る施術です。埋没法でもある程度はたるみを取ることができますが、この方法を用いれば、ほぼ永続的で大きな効果が期待できます

具体的には、眉毛の下の生え際を切開する「眉毛下切開法」と、下まつげの生え際を切開する「下眼瞼切開法」があり、どちらも中にある余分な脂肪を取り除きます。

眉毛下切開法(上まぶたアイリフト)

眉毛(アートメイク)の下のラインに沿って切開を行います。たるみ取りと同時に、まぶたの腫れぼったさを解消したい方、イメージの急激な変化(二重の極端な変化など)を望まない方に効果的です。

二重切開法 と 眉毛下切開法の比較
 特徴留意点
二重切開法
  • たるみを取ると同時に、二重のラインもはっきりさせる。
  • イメージの急激な変化を来す事がある。
  • 術後の腫れがやや強め。
  • 腫れぼったさが残る事がある。
眉毛下切開法
(アイリフト)
  • イメージの急激な変化を来しにくく、自然な感じで たるみが取れる。
  • 術後の腫れが少ない。
  • 腫れぼったさの改善が期待できる。
  • 眉毛の薄い方の場合、傷跡が目立たなくなるのに時間がかかる事がある。
  • 二重のラインの変化はマイルド。
    *後に埋没法等で二重を強調する事は可能。

下眼瞼切開法(下まぶたアイリフト)

下まぶたの余分な皮膚を切除し、たるんだ筋肉にも緊張を戻す事により、たるみを改善します。
皮膚のみを引き挙げる「皮弁法」、筋肉も同時に引き挙げる「筋皮弁法」に分けられます。
また、たるんだ脂肪による膨らみ(目の下の袋)と、その下の凹みによる凹凸が強い方の場合は、同時に脂肪の移動修正を行う手術(ハムラ法)がより効果的となります。

眉毛下切開法(上まぶたアイリフト)

施術時間 30分~1時間程度
抜糸 1週間後

下眼瞼切開法(下まぶたアイリフト)

施術時間 1時間~2時間程度
抜糸 1週間後

料金表

上まぶたアイリフト ¥200,000(税別)~
下まぶたアイリフト ¥200,000(税別)~

※表示は両目料金

ヒアルロン酸注入・脂肪注入

たるみとくぼみの改善

切らずに目の周りのくぼみを補正し、張りを出す施術

たるみやくぼみには、ヒアルロン酸・脂肪を注入してハリを出す施術があります。もちろん切開は不要で、傷跡がなく施術後のダウンタイムもほとんどありません。また、上のまぶたにも下のまぶたにも使用することができます。

ヒアルロン酸を注入した場合は、効果は半年から1年くらい続き、脂肪の場合はほぼ永久的に効果が持続します。

涙袋形成

目を大きくアピール力のある目元にする涙袋

下まぶたにヒアルロン酸を注入することで、涙袋を盛り上げて強調することができます。目を大きく見せてアピールする効果も期待できます。

手術療法とメイクアップ形成の比較
 特徴留意点
切開法手術
  • 変化(効果)が大きい。
  • 効果の永続性が高い。
  • ある程度の日常生活の制限があり、休養期間を要する。(傷の治り、腫れの消退。洗顔、化粧などの制限。)
  • 治癒期間がやや長い。
メイクアップ形成
(注入法)
  • 日常生活の制限が少なく、支障を来たさない。(傷ができない。腫れが少ない。洗顔、化粧などが可能。)
  • 短時間で治療可能。痛みがこない。
  • 変化(効果)がマイルド(メイクアップ感覚での仕上がり)。
  • 吸収される為、繰り返し治療が必要(個人によっては数回の治療で効果が永続する方もおります)。

料金表

まぶたのへこみ(ヒアルロン酸注入) ¥30,000(税別)~
涙袋形成術(ヒアルロン酸注入) ¥30,000(税別)~

※表示は両目料金

眼瞼下垂の治療

保険適用でまぶたの垂れ下がりを改善

上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)やその周辺にある腱膜と呼ばれる部分が弱くなってくると、まぶたが垂れ下がってしまいます。主な原因として考えられるのは、コンタクトの長期使用、そして加齢です。いつも目に力が入るようになり、その結果、頭痛や肩こりなどを引き起こすことも多々あります。

眼瞼下垂は美容目的ではないので、診断結果次第では保険適用で行うことができます
お悩みの方は1度カウンセリングにお越し下さい。

通常は切開して眼瞼挙筋を修復しますが、軽度であれば埋没法を応用することで治療できる場合もあります。

施術時間 30分~1時間程度
抜糸 1週間後

料金表

眼瞼下垂 ¥200,000(税別)~ ※保険適応あり

※表示は両目料金